YtetsuE531の鉄旅

乗車記が基本

あきたホリデーパスで秋田の鉄道を楽しみました!

朝7時半の第2の拠点、二ツ井駅に来ました

二ツ井町(現在は能代市に吸収された)の中心駅で利用者は少ないものの夜以外は有人駅かつ特急列車が停車する白神山地の玄関口です

f:id:E531-3000:20200417130856j:image
f:id:E531-3000:20200417130903j:image
f:id:E531-3000:20200417130851j:image

今回は企画乗車券の1つ、あきたホリデーパスを使います

この切符は期間限定発売で2440円で秋田県の鉄道全て(五能線能代~岩館を除く)が乗れます

少ししてやってきた快速秋田行きで秋田に向かいます

この快速は大館、弘前始発で朝に2本、夕方に大館や青森まで行く秋田発が2本あります

珍しいボックス付きの701系です

701系はオールロングシートで18きっぱーからは不評の車両で有名ですが、田沢湖線用5000番台全車両と秋田車のごく一部にはボックスシートがあります

ボックスシートはほとんど埋まってましたが東能代で1つ空いたのでボックスシートに着席

701系ボックスシートに座るのは初めてです

仙台車、盛岡車、山形線標準軌車両は全てオールロングシートなので

快速は八郎潟までは弘前からは特急つがる停車駅に早口を加えただけで速達性が高いです

平日の8時なので秋田県とはいえ通勤ラッシュの時間なので八郎潟からは混雑してきました

快速は八郎潟からは通勤需要のためか秋田まで各駅停車です

追分では男鹿線からやってきたキハ40?の秋田行きを見ました

同じ秋田行きですが701系が先発でした

土崎からの最後の1区間は満員電車でした

北東北でも通勤ラッシュは混みます

前の秋田行きと30分時間が空いてるので乗客は多いです

実際7時台は5本あるので通勤需要がうかがえます

秋田には8時43分に到着しました

ここからは男鹿線に乗ります

f:id:E531-3000:20200417132450j:image
f:id:E531-3000:20200417132208j:image
f:id:E531-3000:20200417132211j:image

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

#トプナンの呪い

あとあと調べたら新型車両は1編成だけなのでトプナン確定らしいです

車内はセミクロスシートかと思いきやオールロングシートです

感想は相鉄12000系にトイレとワンマン運転用の設備が付いたようなものでした

少し秋田ではこんでいましたが男鹿線に入るとかなり空いた状態でロングシート1列を独占できるくらいガラガラでした

男鹿に着いたら2両で10人くらいしかいませんでした

ちなみにドアチャイムはE721系などと違い西武の車両と似ていました

f:id:E531-3000:20200417133115j:image
f:id:E531-3000:20200417133101j:image
f:id:E531-3000:20200417133109j:image

男鹿駅では折り返しの列車まで時間があったのでぶらぶらしてました

このあと使う新幹線(在来線A特急)の特定特急券を購入

10時20分のワンマン秋田行きでこの日2度目の秋田へ向かいます

駅に着く度に乗客が増えて男鹿線内で立ち客が出て上飯島、土崎あたりで年末の日中で2両編成の列車は満員に

秋田ではロッテリアに向かいました

まさかの2019年12月29日には秋田駅の近くのロッテリアは製氷機故障なので飲み物を買いませんでしたw

f:id:E531-3000:20200417133551j:image
f:id:E531-3000:20200417133601j:image
f:id:E531-3000:20200417133555j:image

秋田からは12時13分発秋田新幹線こまち20号東京行きで角館に行きます

特定特急券で座席の指定はしてませんが角館まで1200円で快適な車両で移動できました

田沢湖線の本数が少なすぎて秋田内陸線の列車に間に合わないため毎時1本ある新幹線でワープします

f:id:E531-3000:20200417133854j:image

フリーWiFiも使いました
f:id:E531-3000:20200417133849j:image
f:id:E531-3000:20200417133840j:image
f:id:E531-3000:20200417133844j:image

角館までは40分くらいでした

大多数の乗客は仙台や東京まで乗ると思いますが角館では5人が降りました

角館では次に乗る列車まで1時間あります

f:id:E531-3000:20200417134124j:image
f:id:E531-3000:20200417134134j:image
f:id:E531-3000:20200417134129j:image
f:id:E531-3000:20200417134118j:image

廃線危機との噂もある第三セクター秋田内陸線

角館ではJRの発車標がこまちに侵略されました

田沢湖線の本数があまりにも少ないからです

秋田内陸線に金を使いたかったが今回はフリーパスのフリーエリアなので秋田内陸線にお金は使ってません

f:id:E531-3000:20200417134434j:image
f:id:E531-3000:20200417134439j:image

13時50分頃の普通列車阿仁合行きで終点阿仁合に向かいます
f:id:E531-3000:20200417134444j:image

接続の秋田新幹線

これだと時間が無いので1本前で来ました

しかも遅延したので秋田内陸線の列車も接続待ちで角館を3分遅れて出発

乗車率は廃線危機とか言われてる割にはなかなかで1両編成のワンマン列車にはボックスシート1つに1~2人乗ってました

f:id:E531-3000:20200417134800j:image
f:id:E531-3000:20200417134750j:image
f:id:E531-3000:20200417134810j:image
f:id:E531-3000:20200417134805j:image
f:id:E531-3000:20200417134744j:image

秋田内陸線には絶景ポイントがいくつかあります

絶景ポイントでは減速したので良く見えました

沿線にはたまに撮り鉄を見かけました

冬なので雪がかなり積もってます

地元の方は普通だと思いますが関東では見れないので東北に来た実感がします

f:id:E531-3000:20200417135000j:image
f:id:E531-3000:20200417134953j:image

阿仁合では10分くらいの乗り換え時間で鷹巣行きに乗り換え

f:id:E531-3000:20200417135044j:image

鷹巣が近づくと近くに大館能代空港がありますが、空港は1日2往復羽田空港発着便が来るだけなので秋田新幹線の方が便利です(多分)

鷹巣に到着

鷹巣では20分ほどの乗り換え時間で奥羽本線に乗り換えます

f:id:E531-3000:20200417135339j:image
f:id:E531-3000:20200417135343j:image

秋田内陸線鷹巣、JRは鷹ノ巣秋田内陸線はノがありませんが同じ駅です

しばらくしてやってきた701系二ツ井に向かいます

ロングシートですが2駅なので別にいいです(笑)

鷹ノ巣から10分程度で二ツ井に着きました

秋田の鉄道を充分楽しめました

今回は終わりです